ACOのビザサポート

アメリカで働くための基礎知識

HOMEアメリカで働くための基礎知識>ACOのビザサポート

アメリカで働くためには、ビザを取得する必要があります。その就労ビザも職業や雇用形態により種類がいくつもあります。ACOでは、現在ビザを持たない方には、J1ビザという研修ビザのサポートを行っています。まずは、このJ1ビザを取得し、アメリカへチャレンジをしていきます。

J1ビザのメリット

多くの種類があるビザの中でなぜJ1ビザを取得するのでしょうか?J1ビザの目的は、アメリカで研修を受けることを目的としていることから、一般的な就労ビザと比べて、申請方法、申請基準など大きく異なります。その違いは、会社にとっても、申請者にとっても、大きなメリットがあります。

  • 受入企業の負担が少ない。
  • ビザが取得しやすい。
  • 申請期間が短い。いつでも行ける。
  • 他のビザへの切り替えが可能。
  • 他のビザに比べて所得税が大きく控除される。

詳しいJ1ビザの概要はこちら

ACOのビザ取得率は100%!

一般的にアメリカのビザは年々取得が厳しくなっていると言われていますが、ACOでは難しい書類作成から、ビザ面接サポートまで完全バックアップ!だからこそACOはJ1ビザ取得率100%なのです。

DS-2019*(滞在許可証)をすべて申請代行!

DS-2019はJ1ビザを申請するために必要な書類です。ACOではその申請から取得までの手続きをすべて代行します。お客様が行うことは、DS-2019を申請するために必要な書類を集め、ACOが作成をした書類にサインをするだけです。DS-2019は申請してから約4週間のスピードで取得します。

 

DS-2019とはJビザを申請する上で必要な「滞在許可証」です。ビザスポンサーとなる米国非営利教育団体へ申請をします。金額は申請する団体により異なります。採用企業が決まった後、具体的なお見積もりをお渡しすることができます。

詳しいビザサポートの詳細と費用はこちら

書類作成も簡単!

DS-2019やビザを申請するため、お客様には、英文の推薦状やDS160といった専門的な書類を作成いただきます。ACOでは、すべての書類に対してサンプルを用意していますので、お客様にはそれを参考に作成をしていただくだけ。分からない点があればいつでもご相談できます。

独自の大使館ビザ面接サポート

ACOは2010年〜2011年の間、約150名の方のJ1ビザサポートを行なってきました。そして、そのビザ取得率は100%。すべての方が無事アメリカに行かれています。それを実現するのは徹底したビザ面接対策です。ACOでは、ビザ面接を受けた方々から毎回ヒアリングをし、最近の大使館の傾向、面接で聞かれた内容などをまとめ、独自の面接問題集を用意しています。その問題集をベースに、ACOのビザ専門スタッフとマンツーマンで面接のシミュレーション練習を繰り返します。練習回数に制限はありません。また、問題集は、お客様の年齢、学歴、キャリア、英語力、受入先、仕事内容、勤務地から個別にあわせて作成をするので、その内容はお客様にとって分かりやすいものになっています。

英語レッスン

ビザ申請の過程で、大使館ビザ面接に向けた英語チェックを行います。最低限の英語コミュニケーションは必要となります。弊社にて簡単な英会話スキルチェックを行い、必要に応じて英語レッスンのご案内をします。 ACOではスカイプで英語レッスンができるオンライン英会話として、数あるスクールの中でもレッスン品質に定評のある「スラリーe」と業務提携をして、皆様の英語力向上のためご紹介をさせて頂いております。 ACO利用者の方は、大使館面接用の特別カリキュラムレッスンも受けることができます。

http://sralie.com/aco/

  • ビザ発給は大使館の判断により決定され、ACOのサポートはビザ取得を保証するものではありません。
  • ここで紹介しているビザは、J1ビザ(トレーニー)になります。