アメリカ就職の流れと費用

アメリカで働くための基礎知識

HOMEアメリカで働くための基礎知識>アメリカ就職の流れと費用

ACOは、これからアメリカで働きたい、という「アメリカ就労ビザを持たない方」、「日本在住(アメリカ国外在住)の方」をメインにお仕事のご紹介、Jビザ申請のサポートをしています。

アメリカで働くためのカウンセリングから、企業マッチング、レジュメ&履歴書のサポート。そして採用後のビザの申請サポートや渡米後サポートまで、外国で生活できるようになるまでトータルでサポートするので安心して、新しい生活へ挑戦していただけます。

 

アメリカ就職説明会に参加する

アメリカ就職説明会に参加する

アメリカで働くために必要なビザの仕組みやアメリカの労働状況、受け入れ先企業など最新のアメリカ就職情報を提供致します。

詳しくはこちら

↓

無料キャリアカウンセリングを受ける

無料キャリアカウンセリングを受ける

アメリカで働くための活動は、スタッフとのカウンセリングから始まります。カウンセリングは、これからの方向性を決めていく重要な作業です。来社、電話/スカイプからご利用いただけます。アメリカ就職説明会に参加していない方も、カウンセリングを受けることができます。

詳しくはこちら

↓

ACOへ申し込み 申込費用:¥32,400(税込)お支払い

↓

レジュメ・履歴書を書く

レジュメ・履歴書を書く

無料カウンセリングで方向性が決まったら、ACOへお申し込み、企業選定を開始していきます。企業選定は、HPに掲載されている求人、過去受け入れ実績のある企業、あなたの経歴から探していくカスタムマッチング、この3つを同時進行に行います。

また、企業選定と並行して、レジュメ・履歴書作成を行います。レジュメ・履歴書は自分の能力、経験、資格などを採用側にアピールするための書類です。

採用側に「この人と会ってみたい」と思ってもらうことが重要です。

詳しくはこちら

↓

面接を受ける

面接を受ける

面接にはスカイプ、電話、現地面接の3タイプがあります。ま日本の就職面接と同じで、練習せずにいきなり面接しても、なかなかうまくいきません。面接対策のポイントもしっかりチェックしておきましょう。ACOでは英語の面接のサポートもいたします。

詳しくはこちら

↓

ビザ申請/取得*1

ビザ申請/取得*1

ACOは、採用決定の際、企業より「受入決定通知書」を取り寄せます。受入決定通知には、仕事内容、勤務時間、給与が記載されています。受入決定通知書を持って採用決定となります。採用決定後、DS-2019(滞在許可証)、ビザの申請を行います。ACOでは、DS-2019申請、ビザ取得に向けて万全のサポートを用意しています。

・企業紹介費用(¥194,400)、DS-2019申請費用($4,800〜※申請団体により異なる)お支払い

詳しくはこちら

↓

渡米前の最終準備

渡米前の最終準備

ビザが取得できたら、後は渡米に向けた最終準備のみです。航空券の購入、滞在先の手配など、現地での生活をスムーズに始められるよう準備を行います。

詳しくはこちら

↓

渡米、働く

渡米後、携帯電話や車の購入等、さまざまな手続きを行います。渡米前にリストを作り、現地に着いてから、すぐに取り掛かかれる準備をしましょう。

※ACOでは企業選定〜採用まで平均2ヶ月、採用からビザ取得まで平均2ヶ月、多少の前後はありますが、約4ヶ月の期間をかけて進めていきます。
仮に、8月に渡米をしたいと思えば、4月には履歴書を作成し企業選定を開始していくことになります。

詳しくはこちら

費用

企業紹介

申込費用:¥32,400(税込)

※お申し込みの際お支払い頂きます。
※申込費用の返金は理由の如何かかわらずありません。
※紹介企業数による追加料金はありません。

企業紹介費用:¥194,400(税込)
※採用が決定した後にお支払いただきます。

サポート内容

  • 企業選定 / 紹介
  • 英文レジュメ添削サポート
  • 企業面接練習 /対策
  • 緊急時対応
  • 個別カウンセリング
  • 就業先、アメリカ生活に関する現地相談

詳しい企業紹介に含まれるサポート内容はこちら

+

ビザ申請に関する費用

DS2019申請費用:US$4800-$5,100(税別)

※採用が決定した後、企業紹介費用と合わせて、お支払いいただきます。

※申請費用は為替レート(円建ての場合)、スポンサーとなるNPO団体により金額が変動します。

※既にアメリカ企業での採用が決まっている方は、ビザ申請のみのサポートも可能です。

サポート内容

  • 企業選定 / 紹介
  • DS-2019申請サポート
  • トレーニングプラン作成サポート
  • 英文書類添削サポート
  • 大使館ビザ面接書類作成サポート
  • 大使館ビザ面接練習
  • オリエンテーション
  • ビザに関する現地相談

詳しいDS-2019費用とサポート内容はこちら

※DS-2019とはJ1ビザを申請する上で必要な「滞在許可証」です。ビザスポンサーとなる米国非営利教育団体へ申請をします。金額は申請する団体により異なります。採用企業が決まった後、具体的なお見積もりをお渡しすることができます。

合計:226,800円+US$4,800-US$5,100(税別)


※上記費用に含まれないもの

-大使館ビザ面接費用($160)※大使館へ直接お支払いいただきます。

-SEVIS費用($180)
-スラリーE受講費用
-航空券
-現地での生活費(家賃、食費、水道光熱費、車、携帯電話等)
-通信費(国際電話含む)、郵送費

*米国領事館および移民局の判断よりビザの承認が得られず取得できない場合があります。その場合、米国での就労はできません。その際には、すでに領収している企業紹介費用から40%(¥77,760)、DS-2019申請費用からUS傷害保険($35/月〜$60/月)をご返金します。

費用の詳細、内訳、オプションサービスはこちら